酵素飲料を活用した断食(山田式ミネラルファスティング)健康法を紹介

マグネシウムの効果- 山田式ミネラルファスティング

マグネシウムの重要な働き

植物

マグネシウムはカルシウムをコントロールし、体内で働く300種類以上の酵素が正しく働く上で欠かすことできないミネラルです。



カルシウム過剰は危険!

動脈硬化になると血管が堅くなるのは、行き場を無くしたカルシウムが原因です。

血液が酸性に傾くと骨からアルカリ性のカルシウムが溶け出して(脱灰)、血液中に到達し、中和します。
そして、役目を終えたカルシウムは、再び骨に戻されます(再石灰化)。これが骨のスクラップ&ビルドの正常なシステムです。
しかし、動物性タンパク質や白砂糖などの過剰な食事を続けていると、体内で余計な酸を生み出し、血液が大きく酸性に傾きます。
全身に60兆佃みる傾胞は酸を嫌うため。私たちの体は骨からカルシウムをどんどん溶かし出し、血液中に送り込みます。いわば、脱灰モードの暴走状態です。
すると、再石灰化か追いつかなくなり、大量のカルシウムが血液中にとどまった状態が慢性化してしまいます。やがては血管壁に沈着し、動脈硬化を招いてしまうわけです。

そのカルシウムのアクションをコントロールする、さらに重要なミネラルこそ、「司令塔」ことマグネシウムなのです。
マグネシウムは、骨ではカルシウムの定着をサポートし、骨以外の細胞では、生命活動のスイッチとして細胞内に入り込んだカルシウムを、再び細胞の外に戻す(スイッチをオフにする)役目を果たしています。
ところが、現代の食生活では、食の欧米化や食品の精製加工を通じてマグネシウムを十分に摂取できなくなっています。

これからは、カルシウムではなくマグネシウムの摂取こそ、もっともっと意識すべきです。マグネシウムはカルシウムのコントロールのみならず、体内で働く300種類以上の酵素が正しく働く上で絶対に欠かすことのできないミネラルだからです。
糖尿病や心臓病、アレルギー、ガン、そしてうつなどの精神疾患にいたるまで、現代社会を蝕むさまざまな病気の背景には、必ずといっていいほどマグネシウム欠乏が関連しています。そして、マグネシウムの補給によって、これらの病気を防いだり、改善したりすることさえも可能だからです。

土壌中や飲料水中のマグネシウム濃度が低い地域では、ガンの発症率が高いことが知られています。エジプトにおけるガンの発症率は、欧米諸国のわずか10%程度にすぎません。

【山田豊文著「食べない人は病気にならない」(幻冬舎)より転載)】

骨の構成物質はカルシウムだけではない

骨粗鬆症の予防のためにカルシウムをたくさん摂りましょうと良くいわれますが、骨を強くするためにはカルシウムだけでは不十分です。
骨はコラーゲン線維にリン酸カルシウムがつき、その隙間をマグネシウムが覆っている構造になっているからです。
そして、骨が成長するためにはビタミンD、K、Cなどの栄養素と酵素が関わっているので、バランス良く栄養素を摂取する必要があります。

おすすめ

杏林予防医学研究所開発検定 ファスティングプレミアム (酵素ジュース)

ファスティングプレミアム

「ファスティングプレミアム」は、有名スポーツ選手や、芸能人の健康管理でマスコミにも多数出演している山田豊文氏が主宰する杏林予防医学研究所の開発検定商品です。
山田式ファスティング(断食)プログラムのためにマグネシウム、L-カルニチン、MSM、カリウム、ショウガを加えて作られた、高品質の酵素ジュースです。
素材にこだわり、オーガニックの野菜・果物とモンゴルの乳酸菌をプ使用。3年6か月の発酵・熟成期間をかけて製造。
これ1本(720ml)で3日間の酵素断食を実施することができます。ファスティングプレミアムの詳細はこちら

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional